ウェイト版ブログについて

アルカナ0 「愚者」

アルカナT「魔術師」

アルカナU「女教皇」

アルカナV 「女帝」

アルカナW 「皇帝」

アルカナX

アルカナY

アルカナZ 「戦車」

アルカナ[

アルカナ\

アルカナ]

アルカナ]T

アルカナ]U

アルカナ]V

アルカナ]W

アルカナ]X「悪魔」

アルカナ]Y

アルカナ]Z「星」

アルカナ][「月」

アルカナ]\「太陽」

アルカナ]]

アルカナ]]T

Page of Wands.

10 of Wands.

9 of Cups.

8 of Cups.

6 of Cups.

2 of Cups.

Ace of Cups.

9 of Swords.

8 of Swords.

4 of Swords.

King of Pentacles.

Knight of Pentacles.

Page of Pentacles.

8 of Pentacles.

6 of Pentacles.

4 of Pentacles.

3 of Pentacles.

2 of Pentacles.

Ace of Pentacles.

Ace of Wands.

【アルカナT「魔術師」】



バラやユリ

バラやユリがあり、庭の花に変えられた「野の花、谷間の百合」は、向上心による教養を示しています。


このフレーズは個人的に好きなので取り上げています。

象徴学的に「庭園」とは、教養を与えられた人の意識を示すもので、野生のバラやユリが、人の手により整然と植え替えられた庭園の花に変わる時、野生の生き物が教養を与えられ、新しい理知的な魅力を発することが解釈できます。

一説に寄れば新約聖書のヨハネの黙示録における「666=野獣」とは、人間の野生の部分、荒野の部分だそうです。これが整然とされ、美しい花が咲くまで、私たちは血みどろの争いを繰り広げるのだという解釈で、私は単純に素晴らしい、素敵な解釈だと感じました。

666=悪魔、反キリストというオカルト的な解釈は、人間のご都合主義的なまさに野獣の部分ではなかろうか。蛇足にて。


タロットマスターズワールドに戻る