ウェイト版ブログについて

アルカナ0 「愚者」

アルカナT「魔術師」

アルカナU「女教皇」

アルカナV 「女帝」

アルカナW 「皇帝」

アルカナX

アルカナY

アルカナZ 「戦車」

アルカナ[

アルカナ\

アルカナ]

アルカナ]T

アルカナ]U

アルカナ]V

アルカナ]W

アルカナ]X「悪魔」

アルカナ]Y

アルカナ]Z「星」

アルカナ][「月」

アルカナ]\「太陽」

アルカナ]]

アルカナ]]T

Page of Wands.

10 of Wands.

9 of Cups.

8 of Cups.

6 of Cups.

2 of Cups.

Ace of Cups.

9 of Swords.

8 of Swords.

4 of Swords.

King of Pentacles.

Knight of Pentacles.

Page of Pentacles.

8 of Pentacles.

6 of Pentacles.

4 of Pentacles.

3 of Pentacles.

2 of Pentacles.

Ace of Pentacles.

Ace of Wands.

【アルカナ]Z「星」】



アルカナ「星」と芸術性の関連性

「タロット解釈実践事典」「タロット象徴事典」では、星のカードのキーワードに芸術に関するものが多く上げられていますが、それは何故ですか?


星、月、太陽は、古来より「三光」として各地で崇められてきました。各アルカナを別個に扱うより、この三枚のアルカナをぜひいっしょに考察してみて下さいね。きっと理解が深まると思います。

さて、タロット象徴事典には下記の記述が。
『天空に輝く「星」は、太陽、月と並んで、太古より人が「神聖なる光」として崇める三光のひとつ。星辰信仰、その他「光、光るものを神として崇め奉る自然崇拝」は、文明の発祥と共に起こったものだといわれます。』


アルカナ17、18、19の三枚はすべてこの「光」を表すものとして連なって、この並びは、今日の私たちにより強い作用を及ぼすものという序列になっていますね。
透明感のあるきらめきのある星の光は、熱を持った太陽の光とその反射光としての月の光に、光の強さとしては及ばないようです。

そもそも象徴学的に「星」は、人間の美しい魂、purity(ピュアリティ);純粋、清純の象徴でもあります。その美しい人の内面こそが、芸術性の原動力だという話なのですが、もっとかみ砕いて解説させていただきますね。

ピュアであるものとしては、「無垢なる愚者」というアルカナもあります。白無垢なるものは、時間の経過で汚れるもの。汚れを拭き取ればまたきれいにもなるでしょう。

対して、星の光は、汚れようがないものです。何物にも染まりえない光、星の輝きを今私たちも夜空で確認することができるのですが、これがおおよそ五百年前の光だということを理科の時間に習ったことがあるでしょう。そうして実際には、太陽だって恒星、銀河系を構成する星のひとつなのです。このことから、私はアルカナ星が象徴するもの、これはとてつもない可能性を秘めているものひととつだと主張したい心境にさえかられます。

人の清らかな魂には、こんなにも強い潜在力が秘められている。大きな変化をもたらせる人ひとりの魂なのですが。でも実際には、私自身も含め通常人の気持ちは曇りきっている。見えないように感じないように磨りガラスのような状態にしていないと、現実社会になんて生きていられないでしょう。

そんな中で、すれた自分をこわして、光を見出させてくれるもの、これがやっぱり美しい人の心というものなのでしょう。それというものが顕著に反映されているものが芸術作品、絵画や音楽や文学ではないでしょうか。実生活の中で人が織りなすドラマに心を打たれることもあるでしょう。

そういった人間模様に、感動して思わず涙することがあるかと。泣くことが浄化作用になるという話には、多くの方が共感して下さいます。
以上、アルカナ「星」、すなわち清らかなる人の魂と芸術性とを関連づけている所以です。

2012/03/21 一部修正
2012/03/19


タロットマスターズワールドに戻る