ウェイト版ブログについて

アルカナ0 「愚者」

アルカナT「魔術師」

アルカナU「女教皇」

アルカナV 「女帝」

アルカナW 「皇帝」

アルカナX

アルカナY

アルカナZ 「戦車」

アルカナ[

アルカナ\

アルカナ]

アルカナ]T

アルカナ]U

アルカナ]V

アルカナ]W

アルカナ]X「悪魔」

アルカナ]Y

アルカナ]Z「星」

アルカナ][「月」

アルカナ]\「太陽」

アルカナ]]

アルカナ]]T

Page of Wands.

10 of Wands.

9 of Cups.

8 of Cups.

6 of Cups.

2 of Cups.

Ace of Cups.

9 of Swords.

8 of Swords.

4 of Swords.

King of Pentacles.

Knight of Pentacles.

Page of Pentacles.

8 of Pentacles.

6 of Pentacles.

4 of Pentacles.

3 of Pentacles.

2 of Pentacles.

Ace of Pentacles.

Ace of Wands.

【アルカナ][「月」】



月が放つ32の閃光について

アルカナ「月」について、タロット象徴事典では次のように語られています。
『"ThePictrialKeytotheTarot"の中でウェイト博士は、この札の従来のタイプと違う点として、月の満ち欠けが描かれていることを上げています。月の向かって右側は次第に膨張しており、これが即ちカバラにおける生命の樹の向かって右側の慈悲の柱の緒力であると述べています。月には32本(10の天球と22の小径)の光線が描かれ、時計の長針と短針のように、長い光線と短い光線とが交互に並んでいます。太陽の光の具合により、月の反射光も明るくなったり暗くなったり、その光の触手の長さを変えるものです。
従来、「月」は不安定な神経症的なイメージですが、その従来のイメージとも違う解釈がなされるべきなのでしょうか? そうであるなら、もう少し違いをわかりやすく教えて下さい。



星、月、太陽は、古来より「三光」として各地で崇められてきました。各アルカナを別個に扱うより、この三枚のアルカナをぜひいっしょに考察してみて下さいね。
とくに、こちらの「太陽」のブログも読んでみて下さい。きっと理解が深まると思います。

ちょっと長々と語らせていただくことになるかと思いますが、ウェイト博士は原書の中で、月の光を「intellectual light(知的な光)」 と表現しているんですね。

「知的な光」について、さらっとやり過ごさないでいきましょう

intellectual インテレクチュアルと intelligentインテリジェント の違いはさんざ高校でやった記憶が。
intelligentは、cleverクレバー(賢い)以上に、もともと理解力、習得力、判断力が人並み以上に優れている。その非常にintelligentである上に、教育・教養を積んだ結果、高級な知識の分野に興味と能力を持つことで、動物には用いられないものがintellectual であると旺文社英語辞典ではされています。


知力、知恵、知性とは? 改めて考えてみましょう。intellectual インテレクチュアルと形容できるような人、非常に限られてくるのではないでしょうか。

そもそも知力を高めたり、知識を蓄えたりという作業力に、今の人は乏しい気がします。インターネットの氾濫する時代背景からか、ネット検索による「確認」作業どまりで、「知る」作業にまでいかない人が増えているよう。

たとえば、、最近のみなさん、大変におしゃれです。どこで何を買って何を身につければ自分に似合うかよくよく知っていらっしゃる。でもそれが何故かは、知らないのです。御自身のことも自分はこうだという決めつけ(本人のことばでは「分析」)はハッキリできていらっしゃるのですが、それがどこから来ているのか、そして今後どう変化してゆくかなどには到底及びもしないのです。

自分自信のことなど知る必要もないし、知っても仕方がないと考えているような人が多い昨今、みなさんの「知る」作業に対する興味が著しく強まるのが、「好きな人」について。
好きな人、関心がある人のことは妙に詮索し知りたがります。
さらに、自分が好きになった人からは自分自身も非常に気にされたいと求めますね。

そうして、いくらタロットを通して人の気持ちを解釈して伝えたところで、「解らない」という人が多い。

そもそもの人間という生き物について、普段まったく知ろうとしていないんだもの。そんな中で自分が好きになった人のことだけ知りたいと言っても、急には無理ですよ。

ちょっと本題から離れてしまったでしょうか、しかしまあ皆さん非常に不安定な「月」を抱えていらっしゃるということで。次の項目で「知的な月」にせまります。

2012/03/19


タロットマスターズワールドに戻る